正解はひとつじゃない

ポケモンの記事、最近は主にネタ記事とかアニメの記事とかを書いていきたいと思います。

【ポケモン剣盾】エースバーンの単体考察 -夢特性リベロを中心に-

f:id:os_jamp:20200103031658p:image

こんにちは、今回はエースバーンを考察していきたいと思います。

 

 

 

こちらの記事を参考にして、リベロという特性を中心に考察しました。

参考

f:id:os_jamp:20200104014746p:image

ところでこの可愛い子は女の子なんですかね。オニオンちゃんだと信じてたのにオニオンくんだったので何も信じられないんですけど。もしや男の娘ですか?女の子?ちなみに僕は青髪の女の子が好きです。

 

エースバーンの基本情報

f:id:os_jamp:20200102203009p:image

みなさんはエースバーンというポケモンをご存知でしょうか。エースバーンと言えば、剣盾で最初にもらえるポケモンの1匹、ヒバニーの最終進化形です。サマーウォーズやイナズマイレブンにも出演していました。

 

f:id:os_jamp:20200103155204p:image f:id:os_jamp:20200103155211p:image

 

エースバーンで特筆すべきはやはり素早さが高いこと。ライバルのインテレオンには一歩及ばずですが、それでもガラル地方に存在する一般ポケモンの中でトップ20に入ります。炎タイプの中ではトップの素早さを誇ります。

 

夢特性:リベロ

未解禁ですが、エースバーンには夢特性があります。それがリベロと呼ばれる夢特性。自分が使った技と同じタイプになる能力みたいです。ゲッコウガの変幻自在と似ていますね。

 

そんなリベロですがそもそもリベロって何なのか、みなさんは分かりますか。リベロとはサッカー用語で、守備をしながら攻撃にも参加する選手のことです。

 

f:id:os_jamp:20200103155630p:image

攻守に優れると書かれたエースバーンの図鑑説明にぴったりの夢特性ですね。

 

ですが、ここで一つ気になることが出てきました。先ほどの画像には、エースバーンはストライカーポケモンとの紹介があります。でもリベロは守備的なポジションです。

 

名前に"エース"を持ち、ストライカーポケモンでありながら、夢特性は守備的なリベロ。サッカーでエースと言えばゴールを決める人です。

f:id:os_jamp:20200104012129p:image

 

エースストライカーと呼ばれるように、フォワードやトップ下のようなポジションにいる人がエースと呼ばれます。それなのにエースバーンはリベロ。

 

元記事でもその点について触れられています。

f:id:os_jamp:20200104023210p:image

(DFはディフェンダーのことで、後ろの方にいる人たちのことです。FWはフォワードです。前の方にいる人のことですね。)

僕も初めは疑問でした。ですが、少し調べれば誰でも分かることだったんです。この謎は、リベロの意味とエースと呼ばれる選手の特徴が分かれば理解出来るでしょう。

 

リベロはイタリア語で「自由」を意味します。そして、エースストライカーはチャラいです。チャラいということは、女の子を取っ替え引っ替えしています。僕のチームメイトも会うたびに彼女が変わっていました。足が速ければ手を出すのも速いのです。 

 

f:id:os_jamp:20200104012624j:image

 

つまり

エース=チャラい。名前に「エース」を持つエースバーンは当然チャラい。チャラい人は「自由」に女の子を選べる。リベロは自由。だから、エースバーンの夢特性がリベロとなるわけですね。

 

リベロの効果で色んなタイプになれることと、リベロの意味が自由であることはあまり関係ないでしょう。

 

なぜなら現実の選手がファイアトルネードを使っても、炎タイプに変わることはないからです。2次元と3次元を混同してはいけません。

 

ダイウォールのときは左足

次の考察に入る前にまずはこちらを見てください。今度はエースバーンが使う足に注目しました。

 

f:id:os_jamp:20200102195925g:plain

ダイウォールを使う場面です。

ここでは左足を使っています。

 

一方、火炎ボールは右足です。

 

f:id:os_jamp:20200103152509j:image

技によって使う足が違います。これは何を意味するのでしょうか。諸説ありますが、心理学的に言えばこれは間違いなく女子へのアピールですね。思春期特有のあれです。みなさんにも経験がありますね。

 

こんなことが出来るんだぞ、と。左足でも蹴れるんだぞ、と。そうアピールしています。ダイウォールでふだん使わない左足を使っているところがポイント高いですね。

 

また、アイアン"ヘッド"をするときもエースバーンはキックのモーションになります。ヘッドなのにキック。これは何故なのでしょうか。

 

もちろんこれにも理由があります。サッカー経験がある人はもうお気づきですね。

 

昔、「利き足は頭です」と答えていたサッカー選手がいました。利き足を聞かれて頭と答える、普通なら「何言ってんだこいつ」となりますが、ここから分かることがあるのです。

 

それは、サッカー界では足と頭は同じ意味だということです。そうでなければ、利き足は?と聞かれて「頭です」と答えるわけがありません。

 

つまり、エースバーンがアイアンヘッドと称して、アイアンキックをしていても問題ないわけです。また一つ謎が解けました。

 

得意なこと

最後はリフティングについてです。リフティングとはボールをぽんぽんすることを指します。火炎ボールを撃つときにぽんぽんしているあれがリフティングです。

 

2,3回リフティングすること自体は大したことではないのですが、エースバーンは石を使っています。石を地面からすくい上げています。これは難しい。

 

そして、注目すべきはその命中率。

 

火炎ボールの命中率は9割です。これがどういうことか分かりますか。火炎ボールの命中率が9割あるということです。

 

もはや、超高校級のサッカー選手と言っても過言ではありません。

 

火炎ボールが外れるのはリフティングが上手くいかない時と考えれば、火炎ボールの命中率が100%じゃないのも納得がいきますね。

 

ということで今回はここで終わりです。今後も考察を続けていけたらなと思います。

 

次回は、「インテレオン 夢」と検索したら夢特性ではなく、インテレオンに恋する夢女子がたくさん見つかると噂の"あの水ポケモン"を単体考察する予定です。

 

f:id:os_jamp:20200104022542p:image