正解はひとつじゃない

ポケモンの記事、最近は主にネタ記事とかアニメの記事とかを書いていきたいと思います。

pglのポケモンランキングは目安として信用出来る?信用出来ない?

f:id:os_jamp:20190523021512p:image

 今回はpglのポケモンランキングに密着!

 

pglのポケモンランキングとは「強さを重視したポケモンの人気投票」です。

人気投票と言ってもランキング入りしているのはかっこいいポケモンやかわいいポケモンだけではありません。

 

ダンディなおじさんから一見オタク風なポケモンまで幅広くランキング入りしています。

f:id:os_jamp:20190522220019j:plain

(参考例:USUMシーズン15ポケモンランキング。上からかわいい、おじ様、イケメン)

 

ここから分かることは、ポケモントレーナーが見ているのは顔面だけではないということですね。中身や能力を含めた総合評価のランキングなのです。

 

 ポケモンランキングは信用できない

このランキング、以前は「pglのポケモンランキングを信じてはいけない」というのが定説でした。

 物量による組織票?

一人で50万票投票しているんじゃないか...?と組織票が噂されるくらいpglのポケモンランキングと実際にレートでマッチングするポケモンとの間に乖離があったからです。

 

当然といえば当然で1800帯よりも1700帯、1700帯よりも1600帯の方がレート人口が多いのです。票を集計すると、より人口が多い地帯のランキングになります。

 

各レート帯で流行っているポケモンが違えば、上位にいる人にとってこのランキングはあまり有用ではないですね。

1600帯付近では適正なランキングだったのかもしれません。

 今は信用しても良い?

そんなポケモンランキングですが、今は現実とのギャップが埋まってきたのではないかとの話を見かけるようになりました。

 

そこで今もランキングを信じてはいけないのか、それとも信用出来るランキングとなったのかを確かめたいと思います。

それではシーズン毎のランキングを見ていきましょう。

 

この記事の構成

PGLとぽけっとふぁんくしょんのポケモンランキングを比較(シーズン7,10,14の3つ)

ぽけっとふぁんくしょん!|検索

⚠ぽけっとふぁんくしょんの機能にシーズン毎のポケモンランキングを表示する機能があります。

そこで表示されるのが20位までだったのでPGLランキングもそれに合わせました。

f:id:os_jamp:20190523161927j:image

知らなかったけど詳細検索で特定のポケモンを上位100位以内で検索したり除外検索したり出来てめちゃくちゃ便利になってた。

 

ちなみに事前に集計したアンケート結果がこちらです。

f:id:os_jamp:20190523180705j:image

「信用出来ない」の方が多いですね。実際にはどうなのか見ていきましょう。

 

USUMシーズン7

まずはUSUMシーズン7のポケモンランキングとぽけっとふぁんくしょんに掲載されている記事の比較から。

 

PGLランキング1位-5位

f:id:os_jamp:20190523002142j:image

 

PGL🔜ぽけふぁん
ミミッキュ
1位
1位
ランドロス
2位
2位
リザードン
3位
9位
ギャラドス
4位
18位
カプ・コケコ
5位
11位

ギャラドスとカプ・コケコが大人気です。ギャラドスは低レート御用達と揶揄されていた時代ですね。

 

この記事には載せませんが、ギャラドスとカプ・コケコはシーズン8でもPGLとぽけっとふぁんくしょんで差があります。

 

PGLランキング6位-12位

f:id:os_jamp:20190523002420j:image

 

PGL🔜ぽけふぁん
バシャーモ
6位
19位
カプ・テテフ
7位
12位
ゲッコウガ
8位
3位
アーゴヨン
9位
20位未満
カバルドン
10位
4位
メタグロス
11位
13位
ポリゴン2
12位
8位

 ある程度の順位差は誤差であると考えられますが、バシャーモとアーゴヨンには開きがあります。

この頃はメタグロスの順位が低くて感慨深い。

 

 PGLランキング13位-21位

f:id:os_jamp:20190523002427j:image

PGL🔜ぽけふぁん
カプ・レヒレ
13位
7位
ボーマンダ
14位
5位
ボルトロス
15位
20位未満
テッカグヤ
16位
14位
ナットレイ
17位
20位未満
ギルガルド
18位
6位
ヒードラン
19位
10位
ゲンガー
20位
15位
キノガッサ
21位
17位

ギルガルドやボーマンダのようなポケモンがPGLではまだまだ上位にいないことがわかります。

 

ランキングが一致しているところもありますが、これを見るとレート上位勢がPGLのランキングは信用ならないと言っていたのも頷けますね。

 

USUMシーズン10

続いてUSUMシーズン10のランキング比較。

PGLランキング1位から5位

f:id:os_jamp:20190523012704j:image

PGL🔜ぽけふぁん
ミミッキュ
1位
1位
ランドロス
2位
4位
ゲッコウガ
3位
3位
リザードン
4位
8位
ボーマンダ
5位
5位

多少の誤差はありますが、1位から5位まではズレがかなり少なくなってきました。

 

PGLランキング6位から12位

f:id:os_jamp:20190523012723j:image

PGL🔜ぽけふぁん
カバルドン
6位
6位
カプ・レヒレ
7位
8位
メタグロス
8位
3位
カプ・テテフ
9位
14位
カプ・コケコ
10位
12位
バシャーモ
11位
20位
ギルガルド
12位
9位

バシャーモはPGLとぽけっとふぁんくしょんでまだ差があります。

 

シーズン10では全体としても炎タイプがバシャーモからリザードンに移行したイメージで、どこにバシャーモがいるんだ...?って感じだったはず。

 

PGLランキング13位から21位

f:id:os_jamp:20190523012738j:image

PGL🔜ぽけふぁん
ギャラドス
13位
19位
ポリゴン2
14位
7位
ゲンガー
15位
15位
テッカグヤ
16位
16位
キノガッサ
17位
17位
ボルトロス
18位
11位
ヒードラン
19位
18位
ウルガモス
20位
20位未満
ナットレイ
21位
20位未満

ポリゴン2は次のシーズン辺りに激増していた感じがしますが、この時点でも上位では流行っていたようです。

ポリゴン2のようにPGLではそれほど順位が高くないけど、ぽけっとふぁんくしょんの順位は高いポケモンがこれまでのシーズンでは何体かいました。

そういったポケモンがこのシーズン辺りからほぼいなくなり、ギャップが埋まってきている印象です。

 

USUMシーズン14

最後に直近のUSUMシーズン14のランキングを比較したいと思います。

PGLランキング1位から5位

f:id:os_jamp:20190523024302j:image

PGL🔜ぽけふぁん
ミミッキュ
1位
1位
ランドロス
2位
3位
ゲッコウガ
3位
2位
ボーマンダ
4位
8位
リザードン
5位
6位

ほぼ同じですね。

 

PGLランキング6位から12位

f:id:os_jamp:20190523024311j:image

PGL🔜ぽけふぁん
カプ・レヒレ
6位
4位
ギルガルド
7位
7位
カバルドン
8位
9位
カプ・コケコ
9位
20位未満
メタグロス
10位
5位
カプ・テテフ
11位
20位未満
ギャラドス
12位
10位

カプ・テテフは全記事で検索すると20位未満だったのですが、上位100位に限定して検索すると9位に入ります。全記事にすると20位圏外になるのはなぜなのか。

カプ・コケコは信用出来ないですね。

 

PGLランキング13位から21位

f:id:os_jamp:20190523024321j:image

PGL🔜ぽけふぁん
ゲンガー
13位
13位
ポリゴン2
14位
14位
ボルトロス
15位
15位
バシャーモ
16位
16位
テッカグヤ
17位
12位
ナットレイ
18位
20位未満
ヒードラン
19位
20位未満
カビゴン
20位
11位
アーゴヨン
21位
18位

13位から21位までを見るとカビゴンが少しズレていますがほとんど同じような順位ですね。

 

全体を通して、なぜかカプ・コケコの順位が全体と上位層で差があることが多いです。

このポケモンに関してはレートをする上でギャップを感じるかもしれません。

 

結論

完全に一致しているわけではありませんが、シーズンが経つごとにPGLのランキングがぽけっとふぁんくしょんのランキングに近づいてきました。

これらの差をどう感じるか感じ方は人それぞれですが、PGLのランキングを目安とすることは可能なラインだと思います。