正解はひとつじゃない

ポケモンの記事、最近は主にネタ記事とかアニメの記事とかを書いていきたいと思います。

ギャラドスとキノガッサを対策しよう

 

f:id:os_jamp:20190204000145j:plain

 

 今回は対策記事を書きました。

対策記事を書くのは初めてなので緊張しますね。

どのように受け止められるのかドキドキします。

 至らない点については、かわいい画像で誤魔化していきます。よろしくおねがいします。

以下常体。

 

ギャラドス対策

突然ですが、ギャラドスって相手にするとすごく厄介じゃないですか?

 

龍の舞をされて3タテ。

受けようとしても挑発されてボコボコにされる。

 

ミミッキュを出しても、メガギャラドスの特性である型破りで皮を貫通してくる。

ABミミッキュにしてもアイアンヘッドの恐怖がある。

 

対策が難しいですよね。でも対策しないと勝てない。

 

 

そんなお悩みを持っているあなたに、とっておきのポケモンたちを紹介していきたいと思います。

 

水ロトムで対策

まずは水ロトムをおすすめします。

 

ギャラドスのメインウェポンは滝登り、地震、氷の牙です。

対する水ロトムのタイプは水と電気。

 

つまり滝登りや氷の牙を撃たれたとしても、水ロトムは水タイプなので半減となります。

 

でも地震は?ロトムは電気タイプだし効果抜群では?と思われるかもしれません。

 

なんと水ロトムの特性は浮遊。

浮遊は地面タイプの技が効かないのです。

 

耐久に努力値を振ることで、後出しからでも対処可能!

そしてこちらからは電気タイプの攻撃で抜群を取れる。

 

これは有効な対策となること間違いなし!

 

頑丈ジバコイルも有効!?

他には頑丈ジバコイルも良いかもしれません。

 

頑丈は単体技であれば、相手の特性で打ち消されない限り、一度は耐えてくれるとても優秀な特性です。

 

ギャラドスの地震を耐え、返しの10万ボルトを撃てば試合は終わります。

 

地雷ポケモンに必要とされる「誘って倒す」条件を満たしていると言えるでしょう。

受け出しは出来ませんが、対面させることが出来れば有効な手段となります。

 

ヌオーの天然で無力化

天然という特性をご存知ですか?

相手のランク補正を無視することが出来ます。

 

ギャラドスが竜の舞で攻撃ランクを上げても、天然なヌオーには関係ないということです。

 

ギャラドスが挑発をしてきたとしても、ヌオーは本物の天然さんなので問題ありません。自称天然とは訳が違うのです。

 

カウンターを連打で対策可能です。特性の天然により、竜の舞との択を回避できるのがとても強いですね。

 

 

キノガッサ対策

続いて、キノガッサ対策!

 

グライオンで胞子無効

これはグライオンですね。どくどくだまを持たせることでキノコのほうし対策となります。

 

初手で対面してどくどくだまが発動していなくても、相手はグライオンの身代わりを考慮しなければなりません。

 

つまり、キノガッサの初手はタネマシンガンか剣の舞です。そこに合わせてハサミギロチンを当てます。

襷まで削れば、あとは地震で確1です。

 

ナットレイでも胞子無効!

さらにナットレイもキノガッサ対策として有効です。

 

草タイプなのでキノコの胞子は無効化。剣舞マッハパンチも確定で耐えます。

 

キノガッサに勝てるのは良いけど、裏からリザードンが出てきたらどうするのかという疑問をお持ちですか?

 

キノガッサを対策することが目的なのでリザードンに3タテされても何も問題ありません!

 

 

いかがでしたか?

ここで紹介したのは選りすぐりのネタポケモンたちばかりです。その強さを一度体感してみてはいかがでしょうか。