正解はひとつじゃない

ポケモンの記事、最近は主にネタ記事とかアニメの記事とかを書いていきたいと思います。

今さら聞けないポケモン用語!「レート2000未満の奴には人権がない」を徹底解説!

f:id:os_jamp:20200822020237j:image

巷で話題の噂を調査するシリーズも今回で8回目。これも日頃から応援してくださる皆さんのおかげです。

 

そして、今回。記念すべき8回目のテーマは、、、

 

ポケモン対戦でよく聞く「レート2000 = 人権」とは何か、そして本当に「レート2000未満だから人権がないのか」です。

 

「レート2000に乗っていないから人権がない」と勘違いしている人がいるかと思ったので今回の記事を書きました。この記事が人権について考えるきっかけになれば幸いです。

 

こんな長い文章一々読んでられるかという人は最後に書いた結論を読むだけでも大丈夫です!

 

あなたも一緒に人権をゲットしましょう!

 

 

注: ポケモン初心者向けの記事ではありますが、日本語初心者向けの記事ではありません。

 

ポケモンの人権

まずはポケモン対戦における「人権」について考えてみましょう。人権と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

 

色々あるかと思いますが、多くの人がまず想像するのは「基本的人権」ではないでしょうか。誰もが持っている権利ですね。小学生でも身に付けている知識です。

 

ですが当然、基本的人権=ポケモンの人権ではありません。レート2000に載っていないからといって、相手をサンドバッグにして良いなんてことはありません。

 

ではポケモン対戦をする資格のことでしょうか。これも違います。...たぶん違います。

 

仮にレート2000未満の人にはポケモン対戦をする資格がないとしましょう。

 

「ポケモン対戦をしているならレート2000くらい乗って当たり前、上を目指して当たり前、それすら出来てない奴に人権なんていらない。雑魚は消えろ」みたいなのが正しい世界。

 

体育会系が嫌いなはずのポケ勢がこんなことを言うはずがないのですが、万が一これを認めてしまうと大変なことになってしまいます。倫理的に良くないとかゲームなんだから自由にさせろとか、そんな次元の話ではありません。

 

これはポケ勢の生死に関わる問題です。どういうことか。具体的に見てみましょう。

 

レート2000未満はポケモンをやめるべき世界に住むAくん。

 

Aくんは今期もポケモン対戦でレート2000に乗ることが出来ました。ウキウキです。人権を獲得出来ました。これでポケモンをやめなくて済みます。

 

一方でリアルの世界に戻ったAくん。リアルの世界にもレート2000のようなラインは存在します。

 

友達がいて当たり前、恋人がいて当たり前、結婚出来て当たり前、運動や勉強が出来て当たり前、仕事が出来て当たり前etc...

 

たしかに社会に適合出来ている人からすればこんなのレート1600程度でしかないのかもしれません。しかしポケ勢にとってはレート2000相当、いや2500相当のラインです。

 

そんな当たり前が蔓延るリアルの世界でポケ勢のAくんは一体どれほどのレートになるのでしょうか。もちろん3桁です。人生を送る才能なんてあるはずがありません。そんなAくんが人生をプレイする資格なんてあると思いますか?

 

もちろん生きる資格などありません。なぜいまだに生きているのかという問題が生じてしまいます。怖いですね。

 

これで冒頭に挙げた「生死に関わる」の意味が分かってもらえたかと思います。

 

才能がなければやめるべき世界のポケ勢は全人類人生を辞めなければならないのです。

 

高学歴も多く賢いポケ勢の人たちがこんなブーメランを投げるようなアホな行為をするでしょうか。めちゃくちゃしそうですが、自虐が好きなポケ勢でも流石にこれはないでしょう。

 

それではマウントを取る権利?もちろん違います。ネットに毒されて、レート2000に乗ればマウントを取れると考えている人もいるかもしれませんが、十中八九エアプが適当なことを言っているだけです。レート2000にそんな力はありません。

 

「じゃあポケ勢が言っている人権って何なの!?」「イライラする😡」「switch食べそう💢」と怒っている人もいるかと思いますが、ここで使われている人権とはおそらく「発言権」のことでしょう。

 

もしくは自分に自信がないため周りの評価でしか自らの価値を測れない人間が、他者よりも優れたところを周囲に示すことでなんとか自分の居場所を作り、その居場所を守るべく自分が価値ある人間だと証明し続けるために必ず達成しなきゃダメだと自らに課した条件のことかもしれません。

 

ということで以下では「ポケモンの人権=発言権」として書いていきます。後者については触れません。特に理由はありませんが深掘りしていたらトラウマが蘇ったから書くのをやめました。

 

発言権と言うと「レート2000に乗ってない人は喋っちゃダメなんですか〜?」とか言ってくる小学生の出現が予想されます。今までの経験から言って間違いないでしょう。

 

誰でも好きなように発言して良いと思います。それを止める権利は誰にもありません。レートが高かろうが低かろうが発言することは自由です。問題ありません。

 

たとえその発言が間違っていたとしても、どんどん発言すれば良いと思います。失敗こそが人を成長させる源です。発言をやめろと誰が言えるでしょうか。

 

しかし当然ですが、発言を自由にしていいのはあなただけではありません。自由な発言はあなたに付与された固有スキルではないのです。間違った発言にはツッコミが入ります。「エアプは半年ROMってろ」と。他人がエアプ発言を指摘するのもまた自由です。

 

指摘だけならまだしも、そのミスを晒してネタにする輩までいます。もちろん僕は晒さないし晒しを絶対許してはいけないと思っていますが、エアプ発言を否定されたからといって「やっぱり低レートには発言権がない」とは言えないはずです。

 

否定されたのは低レートが理由ではなく、単純に間違っていることが理由だからです。

 

たしかに否定される側にとってはすごく辛いことかもしれません。低レートだからそんな風に言われるんだ...そう考えるようになるのも分かります。

 

ですが、その指摘を受け入れてみることでまた変わった見方が出来るかもしれません。

 

僕もポケモンを始めた頃、こんな経験をしました。

 

七世代、サンムーンの話です。メタグロスのアイヘ怯みで鈍いを積んだカビゴンを突破されたことにイライラしてこんなツイートをしました。

 

「グロスのアイヘでしか突破出来ない奴は催眠ゲンガーとやってること一緒だから」と。

 

すると何人かからリプライが飛んできたのです。

 

「いや全然違うから」

 

そのリプを見たときは「なんやこいつ」と思いましたが、説明を聞いていくうちにだんだんとその意見に納得していくようになりました。

 

たしかに催眠術は外したら相手に与えるダメージは0。何のリターンもなく反撃されてしまいます。一方でアイアンヘッドはダメージを与えながら、怯みを狙えます。怯み効果はあくまでおまけというわけです。

 

この説明を聞いて、やっぱり強い人は理論立てて説明出来るから強いし説得力が違うんだなと実感しました。

 

そのうちの1人は絵を描いてまで丁寧に説明してくれました。何年も前の話なので相手はもう忘れているかもしれませんが、僕は今でもその人のことが好きです。

 

こうして相手の意見を受け入れることで見方を変えることが出来ました。

 

そんな経験を経た今ではこう思えるようになりました。「アイヘ怯みでしか突破出来ないような選出する奴はやっぱりゴミだわ」と。

 

得られた教訓は一つ。それっぽいこと言ってれば相手も納得しそうだなということです。それが記事を書く上でとても役に立っています。

 

話を戻します。

 

もちろん、エアプ発言をする人間の95割は低レートかエアプなので必然的に「低レートには発言権はない、黙ってろ」と言われてしまう側面はあると思います。

 

例えばこんな感じで、

f:id:os_jamp:20200817170407j:image

f:id:os_jamp:20200817164222j:image

羽休めの効果とドリュウズのつのドリルでアーマーガアを確一という説明に対して、

f:id:os_jamp:20200817163643j:image

鈍足で頑丈持ちのエアームドが強いというコメントが来たとします。

 

おそらくこの発言の意図は、素早さが低ければ後攻で羽休めが出来る利点があること+頑丈でつのドリルを無効に出来ることが言いたいのでしょう。意図は分かります。意味は分かりませんが。

 

もちろん実際は、鈍足(アーマーガアよりエアームドの方が速い)だし、頑丈持ち(型破りで頑丈を貫通)のエアームドなので全て間違っています。

 

ですがこんなエアプ発言でも良いのです。そして、エアプ発言やミスを指摘されたとしてもそれは低レートが理由ではないことは一目瞭然です。

 

これを見て「低レートには発言権がない」と思う人はいないはずです。当然ですよね。間違いを指摘されただけなので。レートの高さなんて関係ありません。ミスを指摘されたくなければ発言しなければ良いだけです。

 

正しい意見でも聞いてもらえないことはある

それでも人権がないと感じる人の多くは次の場合ではないでしょうか。

「正しい意見を言ったのに否定された」「◯◯さんが同じことを言ったらみんな受け入れるくせに...」こんな意見もあるかと思います。実際、発言自体は正しい人も多い気がします。

 

マックのJK風に言うと 「発言自体が正しくても受け入れてもらえないときあるけど、誰が言うかではなく、発言の内容、言葉の本質を捉えていきたいよね」みたいな感じでしょうか。

 

日本語訳すると「話を聞いてもらう努力はしたくないけど、発言は正しいんだから周りはちゃんと受け入れるべき。俺は間違ってない。」です。

 

たしかに正しい意見が周りに受け入れてもらえない場面は往々にしてあります。それはなぜなのか。

 

「やっぱり低レートだから人権がないんだ...」と思っている人たち。その通りです。いや半分正解、半分間違いです。

 

なぜ高レートの人の発言は支持されやすいのでしょうか。理由は簡単です。その人の発言に説得力があるからです。それを証明する客観的な指標があるからです。

 

自分を受け入れてもらうために必要なことは兎にも角にも相手から信用されることです。レート2000に乗ると達成感や安心感と共に、周りからの信用を得られます。だからこそ多くの人に構築記事が読まれたり、その人の発言が多く受け入れられるのです。

 

レート2000に乗るということは、今までにどれだけ考えたか、どれだけ頑張ったかの証であり、そのアイデアの正しさを後押しします。

 

そのシーズンのみではなく、何年もの世代を超えた経験が反映されます。主観ではなく客観的な証明です。机上の空論ではありません。

 

だからこそ、発言に説得力があり、信用そして信頼が生まれます。多くの人が納得出来るのです。この納得感というのはとても大切です。

 

また、例えばの話をします。完全なフィクションです。

 

過去に改造に手を染めた人がいるとしましょう。そんな人が切断バグをしている人に向かって「不正は良くない!切断バグやめろ!」などと発言していたらあなたはどう思いますか。「そうだよね!切断バグ良くないよね!」と思いますか?思いませんよね。

 

「まだポケモンやってて草」「リアルマグマ団とアクア団の戦い」「内輪揉めしててわろた」「改心しないソッドとシルディ」「同族嫌悪」「エアスラが外れて運負け主張するより酷い」「顔面オニゴーリ」「面の皮が厚すぎる、化けの皮100枚くらい被ってそう」「即堕ち2コマやめろ」「投げる前からブーメラン突き刺さってて草、ボーマンダかよ」と、そう思うはずです。思いますよね。そこまでは思わない?そうですか。僕も今考えました。

 

たしかに言っていることは正しいのです。不正は良くないことです。ですが改造に手を染めた犯罪者が何を言っても「お前が言うな」「お前も同類だろ」となります。当然誰も耳を傾けてはくれません。

 

たとえ改造から足を洗ってもその手は汚れたままなのです。それを意識せずに正論を言ったところで誰も納得出来ません。

 

一方で、日頃からポケモン対戦を一生懸命頑張っていて品行方正な美少女JKが「切断バグはやめましょう!」と言っていたらどうですか?

 

「そうだよね!良くないよね!やっぱり◯◯ちゃんは言うことが違うな〜😁」と素直にそう思うはずです。ツイートのリプ欄にも賛同の声は多いことでしょう。たとえレート2000に乗っていなくとも。

 

そういうことなのです。人に話を聞いてもらえないのはレート2000に乗っているかどうかではないのです。

 

何を言うかではなく誰が言うか、日頃の行いがモノを言います。周囲からの信用さえあればレートなんて関係ありません。

 

ですが、全く知らない相手にも自慢のポケモンを紹介したいとき、自分の日頃の行いなんて相手は知る由もありません。

 

知らない人から突然「サザンドラの耐久調整はこうだよー」と話しかけられたら「え?誰...怖...ブロックしよ...」となってしまいます。

 

こんなの無条件で受け入れてくれる人はそうはいません。受け入れてくれるのは声変わりする前の夢咲楓さんと実況者のバンビーさんくらいでしょう。

 

ですが、話しかけてきた人がレート2000に乗っていたらどうでしょうか。確実に相手の態度は急変します。「え!レート2000に乗ってるんですか!?すごい!きゅんきゅん」となること間違いなしです。モテモテです。

 

このように客観的な指標は相手からの評価に大きな影響を与えるのです。

 

余談ですがレート2100になるとファンレターが届くようになり、レート2200になると彼氏/彼女が届くようになるそうです。すごいですね。

 

そしてここで重要なのは先ほども書いた通り、レート2000に乗る以外にも信用=人権、発言権を得る方法はあるということです。

 

リアルの世界で考えてみてください。あなたが話を聞いてもらえない理由はレート2000に乗っていないからですか?関係ないですよね。

 

何度も言いますが、話を聞いてもらえない理由はレート2000に乗っていないからではなく、あなたが相手に信用されていないからです。

 

普段から感じているように、レートが高ければ高いほど受け入れてもらいやすくなるのは事実です。

 

ですがレートは一つの要因です。結局話を聞いてもらえるかどうかは日頃の行い次第、人望次第です。レートはそれを補強するものでしかありません。

 

レート2000未満だから人権がない」

のではなく

相手に信用されていないから人権がない」

のです。

 

なので、レート2000を目指すことも大切ですが、普段の振る舞いを意識することで、相手からの信用を得られるのではないでしょうか。

 

まとめ

ポケモンの人権を得たいなら美少女JKになりましょう!

 

おわりに

終わります!

 

Special thanks

・ポケモンという素晴らしいゲームを作ってくれた株式会社ポケモン及びポケモン関係者の方々

 

・いつも「みどりかわさん良いこと言うな〜」とツイートしてくれるみんな

 

 

 

 

今さら聞けないポケモン対戦の専門用語を解説【剣盾ver.2.0】

f:id:os_jamp:20200321004954p:plain

『ポケモンの専門用語は難しい』

 

Twitterを見ているとこのような意見を定期的に見かけます。たしかにポケモン対戦の用語は聞き慣れないものが多く、何を言っているのか分からないことが多々あります。

 

個体値、努力値、HABCDS、カオス理論、雨パ女子、構築記事のタイトルにある謎の四字熟語...などなど。いくつか例を挙げてみましたが、これは氷山の一角。他にもよく分からない用語がたくさんあります。

 

そもそもタイプ相性ですら、曖昧だという人も少なくないのかもしれません。それもそのはずで、ソシャゲだとタイプやクラスは多くて7つか8つほどです。それに対してポケモンのタイプは18種類。複合タイプを考えるとさらに覚えることは増えます。タイプ相性を勘違いして、ロトムにエアスラッシュを撃ってくるトゲキッスに遭遇した人も多いでしょう。

 

ポケモンを長く続けている人にとっては当たり前の知識でも、初心者にとっては未知の領域なのかもしれない。これを頭に置いておくことは大切なことだと思います。

 

「慣れるまで大変、そんなことは当たり前。分からなければ調べれば良い。」

 

そんな意見もあるでしょう。これは正論です。間違いありません。また、丁寧に説明しても初心者はすぐに飽きてやめてしまう、そんな経験もあるかと思います。そんなこんなで初心者と経験者との間には隔たりが出来てしまいます。

 

それでもお互いが歩み寄ることが出来れば、それが理想なのでしょうが、こればかりは難しいなあ...

 

と、そんなことを考えていたときに、とある記事を見つけました。それがこちらです。

 

【ポケモン剣盾】いまさら聞けない対戦用語【初心者向け】 | 僕らはまだ旅の途中

 

f:id:os_jamp:20200320011103p:image

引用元の抜粋

 

ポケモン剣盾】いまさら聞けない対戦用語【初心者向け】と題されたこちらの記事では、ポケモン対戦でよく聞くポケモン用語の解説が丁寧にされています。

 

初心者のために対戦の基礎知識をまとめている人がいる。それは衝撃的でした。そして思います。僕にも出来ることがあるのではないか。そういえば、簡単なことでも言語化するのが大切だと誰かが言っていました。

 

この記事に感銘を受けた僕は、何が出来るのかと考え、その結果、僕なりに用語をまとめることにしました。

 

初心者の人にとって、この記事が少しでも役に立てば良いなと思います。

 

それでは紹介していきます。

 

孵化奴隷

孵化した理想個体を搾取される人たちのこと。対価はやりがい。孵化奴隷部屋というアットホームな場所も存在するらしい。

 

配布ツイート

f:id:os_jamp:20200319234947p:image

ポケモン対戦ガチ勢からは忌み嫌われているため、rtしただけでもブロック対象になる。

 

 

専属乱数調整師

乱数調整をして色レイドを出す人のこと。

 

f:id:os_jamp:20200321204558p:image

名前はかっこいいが孵化奴隷と変わらない。

 

カオス理論

相手を混乱させることで勝機を見出す戦い方のこと。未だ解明には至っていないが、いくつかの法則が発見されており、剣盾シーズン3の終わりとともに研究成果が発表されるとのこと。

 

Pocket Line

ポケモンの最新情報を取り扱うアカウント。配布ツイートも行っている。愛称は対戦界のぽけりん。

 

一時期、というか常に無断転載やパクツイなどで話題になっているが、今回はパクり疑惑について物申したい。

 

まずは以下のツイートを見てほしい。

 

f:id:os_jamp:20200321002853p:image
f:id:os_jamp:20200321002856p:image
f:id:os_jamp:20200321002849p:image

 

このツイートは穏健派で有名なみどりかわ氏が11月26日にしたものである。rt数は10,000を超えており、めちゃくちゃ共感されている。

 

そしてもう一つ。

 

f:id:os_jamp:20200321003039j:image

f:id:os_jamp:20200321003049j:image

f:id:os_jamp:20200321003032p:image

 

こちらはPocket Lineさんが11月27日に行ったツイートだ。

 

クイックボールをきのこ派だとか戯言を抜かしている時点で、とんでもない悪党であることは間違いないがそれはひとまず置いておこう。

 

これら2つのツイートはよく似ており、みどりかわ氏の方が先にツイートしている。これではPocket Line側がパクリだと疑われても仕方がない。

 

だが、僕はパクりではないと考える。

 

なぜなら、2つのツイートには決定的な違いがあるからだ。それは何か。みどりかわ氏の方が明らかに面白いのだ。この差は雲泥の差である。

 

考えてみてほしい。ふつう、他人のツイートをパクった上になぜか改悪したツイートを公開出来るだろうか。当然出来るはずがない。厚顔無恥にも程がある。

 

つまりこれはパクツイではなく、たまたまネタが被っただけである。そんなときもある。そうでなければ、わざわざ改悪する意味がないのだ。

 

たしかにPocket Lineさんがパクリ疑惑を払拭するために、あえてよく分からない日本語にした可能性もある。しかし、現段階ではデータが揃っておらず推測の域を出ない。

 

また、意味不明な行動を取ることで他人を混乱させることから、カオス理論を利用しているのではないかと唱える有識者もいる。これについては、一定数支持されているが、カオス理論がよく分からないので今後の研究課題となっている。今後もデータを取っていきたい。

 

まとめ

ということでまとめ。

 

・誰が見てもクイックボールはダサい。

 

・スーパーボール欄の、よく周りから「変わってるね」と言われるのは間違いなく本人の経験談なので説得力がある。

 

Pocket Lineさんは、きのこ派?たけのこ派?と聞かれたらアルフォート派と答えるタイプ。

 

 

 

【ポケモン剣盾】初心者必見!インテレオンのここがすごい!

f:id:os_jamp:20200108170548p:image

インテレオンがすごいらしいのでまとめてみました。

 

f:id:os_jamp:20200108152617p:image

インテレオンは特攻と素早さが高いポケモン。その特攻はあのゲッコウガよりも高いと噂されています。

 

覚える技も多彩でダイジェットになるエアスラッシュを覚えたり、リフレクターなどの補助技を覚えたりします。

 

剣盾シーズン1で最終21位の人は「こらえる」を覚えたインテレオンをパーティに採用していました。

 

f:id:os_jamp:20200108153200p:image

さらにインテレオンは先制技の不意打ちを覚えるので、襷ギルガルドに勝てたり、冷凍ビームと合わせてドラパルトにも勝てるらしいです。強い人の記事に書いてました。

 

また、インテレオンはエースバーンよりも素早さが高く、タイプ相性的にも有利です。

 

「何当たり前のことを言ってんだ」「舐めてるのか」と思われるかもしれませんが、これはとんでもないことです。

 

あなたは御三家の中で最強のポケモンをご存知ですか。僕はご存知です。おそらく多くの人がゲッコウガと答えているでしょう。ですが違います。

 

御三家最強はエースバーンです。これを見てください。

f:id:os_jamp:20200108172528p:image

YouTubeの動画タイトルに「最強」とはっきり書かれています。これだけの動画でエースバーンは最強と書かれているのです。御三家最強がエースバーンなのは間違いありません。

 

そして御三家最強のエースバーンよりも強いインテレオン...大富豪で例えるならジョーカーに唯一勝てる♠︎の3ですね。これは強い。

 

 

f:id:os_jamp:20200108161718p:image

また、インテレオンはオンライン対戦をしない人にも人気があります。

 

イラストの数は人気の証。御三家の中で一番イラストが多いのがインテレオンです。

 

分かりやすくグラフにまとめました。

f:id:os_jamp:20200108171002p:image

正直驚きました。調べる前はエースバーンが一番多いのかなと思っていたのですが結果はこの通りです。インテレオンの人気はこれほどまでにすごかったのです。

 

 

f:id:os_jamp:20200108160038p:image

さらにインテレオンは老若男女に人気です。

インテレオンのR18画像が多数あることはポケモンガチ勢の間でも有名ですが、インテレオンは夢女子の人たちにも人気があります。

 

夢女子が選ぶ2019年の100人

夢女子が選ぶ2019年の100人|iberico|note

f:id:os_jamp:20200108154723p:image

夢女子が選ぶ2019年の100人の中にインテレオンがランクインしています。2019年11月下旬に登場したにもかかわらずこの順位です。それだけ人気だということですね。

 

最後に老若男女の「老」はどこにいるのか、という問いですが、

 

ネット上には「インターネット老人会」との言葉があります。これは10年くらい前のことを懐かしむ老人会のことです。主な対象は20代あたりですね。ネットで20代は既に老人です。

 

つまりR18が人気ということは20代に人気。すなわち、老人に人気です。

 

さらに、夢女子に人気ということは女性や子どもに人気と言えますね。つまり、インテレオンは老若男女に人気があるということです。インテレオンのすごさが分かりますね。

 

 

このようにインテレオンはとてもすごいポケモンです。この記事でそのすごさが少しでも伝われば良いなと思います。今回はここで終わります。

 

 

f:id:os_jamp:20200108172819p:image

 

 

 

 

【ポケモン剣盾】エースバーンの単体考察 -夢特性リベロを中心に-

f:id:os_jamp:20200103031658p:image

こんにちは、今回はエースバーンを考察していきたいと思います。

 

 

 

こちらの記事を参考にして、リベロという特性を中心に考察しました。

参考

f:id:os_jamp:20200104014746p:image

ところでこの可愛い子は女の子なんですかね。オニオンちゃんだと信じてたのにオニオンくんだったので何も信じられないんですけど。もしや男の娘ですか?女の子?ちなみに僕は青髪の女の子が好きです。

 

エースバーンの基本情報

f:id:os_jamp:20200102203009p:image

みなさんはエースバーンというポケモンをご存知でしょうか。エースバーンと言えば、剣盾で最初にもらえるポケモンの1匹、ヒバニーの最終進化形です。サマーウォーズやイナズマイレブンにも出演していました。

 

f:id:os_jamp:20200103155204p:image f:id:os_jamp:20200103155211p:image

 

エースバーンで特筆すべきはやはり素早さが高いこと。ライバルのインテレオンには一歩及ばずですが、それでもガラル地方に存在する一般ポケモンの中でトップ20に入ります。炎タイプの中ではトップの素早さを誇ります。

 

夢特性:リベロ

未解禁ですが、エースバーンには夢特性があります。それがリベロと呼ばれる夢特性。自分が使った技と同じタイプになる能力みたいです。ゲッコウガの変幻自在と似ていますね。

 

そんなリベロですがそもそもリベロって何なのか、みなさんは分かりますか。リベロとはサッカー用語で、守備をしながら攻撃にも参加する選手のことです。

 

f:id:os_jamp:20200103155630p:image

攻守に優れると書かれたエースバーンの図鑑説明にぴったりの夢特性ですね。

 

ですが、ここで一つ気になることが出てきました。先ほどの画像には、エースバーンはストライカーポケモンとの紹介があります。でもリベロは守備的なポジションです。

 

名前に"エース"を持ち、ストライカーポケモンでありながら、夢特性は守備的なリベロ。サッカーでエースと言えばゴールを決める人です。

f:id:os_jamp:20200104012129p:image

 

エースストライカーと呼ばれるように、フォワードやトップ下のようなポジションにいる人がエースと呼ばれます。それなのにエースバーンはリベロ。

 

元記事でもその点について触れられています。

f:id:os_jamp:20200104023210p:image

(DFはディフェンダーのことで、後ろの方にいる人たちのことです。FWはフォワードです。前の方にいる人のことですね。)

僕も初めは疑問でした。ですが、少し調べれば誰でも分かることだったんです。この謎は、リベロの意味とエースと呼ばれる選手の特徴が分かれば理解出来るでしょう。

 

リベロはイタリア語で「自由」を意味します。そして、エースストライカーはチャラいです。チャラいということは、女の子を取っ替え引っ替えしています。僕のチームメイトも会うたびに彼女が変わっていました。足が速ければ手を出すのも速いのです。 

 

f:id:os_jamp:20200104012624j:image

 

つまり

エース=チャラい。名前に「エース」を持つエースバーンは当然チャラい。チャラい人は「自由」に女の子を選べる。リベロは自由。だから、エースバーンの夢特性がリベロとなるわけですね。

 

リベロの効果で色んなタイプになれることと、リベロの意味が自由であることはあまり関係ないでしょう。

 

なぜなら現実の選手がファイアトルネードを使っても、炎タイプに変わることはないからです。2次元と3次元を混同してはいけません。

 

ダイウォールのときは左足

次の考察に入る前にまずはこちらを見てください。今度はエースバーンが使う足に注目しました。

 

f:id:os_jamp:20200102195925g:plain

ダイウォールを使う場面です。

ここでは左足を使っています。

 

一方、火炎ボールは右足です。

 

f:id:os_jamp:20200103152509j:image

技によって使う足が違います。これは何を意味するのでしょうか。諸説ありますが、心理学的に言えばこれは間違いなく女子へのアピールですね。思春期特有のあれです。みなさんにも経験がありますね。

 

こんなことが出来るんだぞ、と。左足でも蹴れるんだぞ、と。そうアピールしています。ダイウォールでふだん使わない左足を使っているところがポイント高いですね。

 

また、アイアン"ヘッド"をするときもエースバーンはキックのモーションになります。ヘッドなのにキック。これは何故なのでしょうか。

 

もちろんこれにも理由があります。サッカー経験がある人はもうお気づきですね。

 

昔、「利き足は頭です」と答えていたサッカー選手がいました。利き足を聞かれて頭と答える、普通なら「何言ってんだこいつ」となりますが、ここから分かることがあるのです。

 

それは、サッカー界では足と頭は同じ意味だということです。そうでなければ、利き足は?と聞かれて「頭です」と答えるわけがありません。

 

つまり、エースバーンがアイアンヘッドと称して、アイアンキックをしていても問題ないわけです。また一つ謎が解けました。

 

得意なこと

最後はリフティングについてです。リフティングとはボールをぽんぽんすることを指します。火炎ボールを撃つときにぽんぽんしているあれがリフティングです。

 

2,3回リフティングすること自体は大したことではないのですが、エースバーンは石を使っています。石を地面からすくい上げています。これは難しい。

 

そして、注目すべきはその命中率。

 

火炎ボールの命中率は9割です。これがどういうことか分かりますか。火炎ボールの命中率が9割あるということです。

 

もはや、超高校級のサッカー選手と言っても過言ではありません。

 

火炎ボールが外れるのはリフティングが上手くいかない時と考えれば、火炎ボールの命中率が100%じゃないのも納得がいきますね。

 

ということで今回はここで終わりです。今後も考察を続けていけたらなと思います。

 

次回は、「インテレオン 夢」と検索したら夢特性ではなく、インテレオンに恋する夢女子がたくさん見つかると噂の"あの水ポケモン"を単体考察する予定です。

 

f:id:os_jamp:20200104022542p:image

 

 

 

【ポケモン剣盾】レート詐称を見破れ!ポケ勢格付けチェック!

f:id:os_jamp:20191230024651p:image

 

改造やらなんやらには非常に甘いポケ勢のみなさん。そんな寛容な心を持つポケ勢の人たちがなぜか厳しく取り締まっているのがレート詐称です。

 

剣盾でも早速レート詐称が発覚しました。ソルロック・バタフリーと言えば、聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか。

 

ソルロックとバタフリーが入ったパーティで瞬間1位を取ったのが嘘だったってやつですね。僕が見てきた中では史上最大規模に広がった詐称でした。

 

そこで今回は、みなさんが大好きなレート詐称についての問題を出したいと思います。

 

 

f:id:os_jamp:20200102204547p:image

 

 

 

本物の1位画像は?

早速やっていきましょう。これから出てくる2枚の画像から、本物の1位画像を選んで頂きます。不正解の画像は僕が3分で作った合成画像です。

 

 

まずはAから。

A

f:id:os_jamp:20200101163345p:image

 

 

 

次にBの画像です。

B

f:id:os_jamp:20200101163359p:image

 

どうですか?一流ポケ勢の皆様には簡単ですかね。下に答えを書いておくので、自分の目が狂っていないか確認してみてください。

 

 

 

 

......

 

 

 

 

 

 

 

それでは答えの発表です!

答えは...どちらも本物の1位画像ではありません。2枚とも僕が適当に作った偽物です。

 

つまり、どういうことか。

正しい答えは"沈黙"だということです。それ以外にはありません。冒頭で、「この問題はAかB、どちらかを答えてもらう」と書いていたので「どちらも偽物」と答えることは出来ません。なので、沈黙以外は不正解となってしまいますね。

 

不正解ならハンター試験はもちろんのこと、レート詐称を正確に見破ることなんて不可能です。

 

ちなみに...

「どちらも偽物」と答えた場合は、AかBかを選べていない、つまり日本語が読めていないので日本語エアプということになります。

 

「どちらも本物」と答えた人は日本語エアプですが、一番まともな人だと思います。僕が一番好きな人種です。

 

どうせ答えは沈黙とか言うんだろ」と思った人は僕の意図をよく読み取ってくれて嬉しいです。ドキドキ2択クイズと言えばHUNTER×HUNTERですよね!

 

いかがでしたか。

Aを選んだ節穴のみなさんは目が付いていませんでしたね(^◇^;)Bを選んだ疑心暗鬼のみなさんはその目が飾りだということに気付けて良かったです٩(๑˙╰╯˙๑)

 

正解した一流ポケ勢の皆様はおめでとうございます。その目は本物でした。ネットストーカーとやってることは変わりませんが、これからも頑張ってください!

 

それでは終わります!

 

 

 

【ポケモン剣盾】所持済みガンテツ入りポケモン(交換用)

f:id:os_jamp:20191226192943p:image

f:id:os_jamp:20191226193013p:image

赤;夢特性

青;通常特性

 

【ムンボ】(夢特性)

あ行

アイアント アブリー アマカジ

イーブイ イエッサン イワーク

ウパー ウリムー エリキテル

エレズン オタマロ

 

か行

ガーディ カジッチュ カビゴン

カブルモ カムカメ カメテテ

カモネギ キバゴ キャタピー

クイタラン クチート コータス

ココガラ ゴチム コマタナ 

 

さ行

サイホーン サシカマス

シェルダー ジグザグマ ジジーロン 

シズクモ ジャラコ シュシュプ

ジュラルドン シンボラー スカンプー

スナヘビ ズルッグ ゾウドウ

ソーナンス

 

た行

タイレーツ タタッコ ダルマッカ

タネボー ダンゴロ タンドン

チョボマキ チラーミィ ツチニン

ツボツボ ディグダ テッポウオ

ドガース トゲデマル トゲピー

ドッコラー ドラメシヤ ドロバンコ 

 

な行

ナゲツケサル ナゾノクサ ナックラー

ナマコブシ ニャース ニューラ 

ヌメラ ネイティ ネマシュ

 

は行

バケッチャ(特大)

ハスボー バチュル バチンウニ

バニプッチ ハリーセン バリヤード

バルキー バルチャイ ピチュー

ヒドイデ ヒトモシ ヒメンカ

プルリル ヘイガニ ペロッパフ

ベロバー ホエルコ ボクレー

ポニータ ホルビー 

 

ま行

マーイーカ マホミル マンタイン

ミブリム ミツハニー モグリュー

モンメン 

 

や行

ヤクデ ヤトウモリ ヤバチャ

ヤブクロン ヤミラミ ヤンチャム

ユキハミ ユキワラシ ユニラン

ヨマワル 

 

ら行

ラプラス ラルトス リオル

ルチャブル ロコン ロゼリア

 

わ行

ワシボン ワンリキー

  

ムンボ(通常特性)

あ行

アゴジムシ イシヘンジン ウールー

ウソッキー ウッウ オンバット

 

か行

カチコール カラナクシ キャモメ

グレッグル ゴース コオリッポ

コソクムシ ゴビット

  

さ行

サッチムシ ソルロック

 

た行

ダダリン チェリム チョロネコ 

チョンチー デスマス テッシード

ドーミラー

 

は行

ピィ ヒトツキ ヒポポタス

ヒンバス ホシガリス

 

ま行

マメパト ミミッキュ モノズ モルペコ

 

や行

ユキカブリ ヨーギラス ヨワシ

 

ら行

ラクライ リグレー ルナトーン ロトム

 

わ行

ワンパチ